FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIAR GAME

『LIAR GAME』(ライアーゲーム)は、甲斐谷忍による日本の漫画作品。またそれを原作としたフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ。またはそれらの作品に登場するゲームトーナメントの名称。『週刊ヤングジャンプ』2005年12号より不定期連載中。「LIAR GAME」とは日本語訳で「嘘つきのゲーム」。
事前譚にあたる『LIAR GAME roots of A』もある。


「バカ正直のナオ」と呼ばれる程、人を信じやすい女子大生・神崎直。そんな彼女のもとに小包が届けられる。 「LIAR GAMEに参加される場合のみ、この箱をお開けください」という注意書きをよく読みもしないうちに、直は小包を開封してしまう。その中には1億円分の札束がしまわれており、「いかなる手段でもかまいません。対戦相手からマネーを奪ってください」と書かれていた。
こうして直は、謎の組織が主催するゲーム・トーナメント「ライアーゲーム」の第一回戦「1億円奪い合いゲーム」に参加させられる事になった。なんとかゲームを降りようとするが、どこに相談してもまともに取り合ってもらえない。やがて、対戦相手が発表されたが、その相手は直の中学時代の恩師、藤沢だった。早速藤沢のもとへ向かった直だったが、藤沢の言葉に惑わされ、まんまと1億円全額騙し取られてしまう。なんとかして1億円を取り戻そうと躍起になった直は、出所したばかりの天才詐欺師・秋山深一に助けを求めるが…。


ライアーゲーム・トーナメントで行われるゲームはいずれも知恵や交渉力をふりしぼって勝ち残るものである。運がからむ事も多いものの、純粋に運のみで勝敗が決定する事はない。
ライアーゲーム・トーナメントのルールは、いずれかのプレイヤーが自分の利益だけを考えた行動を取った場合のみ主催者側にマージンが発生するように作られている。したがって仮に全てのプレイヤーが結託すれば、誰も得しないかわりに誰も損しないという状況を達成できるが、実際には囚人のジレンマに陥りやすい。このジレンマにどのように対処するかが、本作の主題の一つである。
本作に登場するゲームの多くは作者自身が作ったもので、トランプ・ゲームのような既存のゲームを流用したものはほとんどない。また本作に出てくるゲームは、集団で行われるものが多く、純粋に一対一の戦いになる事は少ない。この為他のプレイヤーとの結託や裏切りが勝敗を分ける鍵となる事が多い。
また多くの心理学の知識が出ている。 
スポンサーサイト
[PR]

非公開コメント

プロフィール

kahf888

Author:kahf888
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。